「つまらない」という感性を素直に認める勇気

AMENEKO8474_TP_V
AMENEKO8474_TP_V

唐突ですが、みなさんは、つまらないことを素直に

「つまらない」

と言えますか?

例えば、仕事に対して。

はたまた、参加したイベントに対して

さらには、友人知人との飲み会に対して

つまらないと一般的に言われることではなく、一見楽しそうなことに対してでもです。

本音を言えば、あまり楽しくない、さらにはつまらないと腹の底では思っていても、

表情は楽しそうに見せている。

そして、心の中で、

「楽しまなきゃ!」

なんて義務感にかられている。

そんなこと、実はあったりしないでしょうか。

 

よくある自己啓発では、

「つまらないのは、あなたが楽しもうとしていないからだ」

「一見つまらないと思うことから、楽しいことを探し出すべきである。」

なんてこと、言われてますね。

どんなものでも、あなたの努力次第で楽しめる!なんて力説されちゃってます。

 

ただ、考えてみてください。

それって、単に自分を騙そうとする行為に思えませんか?

だって、つまらないものを無理やり楽しく認識しようとするわけですから。

そんなの、苦しくないですか?

 

150912155989_TP_V

いいじゃないですか。

自分にとってつまらないものは、素直につまらないと認めてしまえば。

何も、悪く無いと思います。

「つまらない」

と思う感性。

これを認める勇気が大切だと思います。

この感性だって、紛れもない、あなた自身の素直な感情なのですから!

 

ただし、気をつけて欲しいのですが、それは

「今の自分」

にとってつまらないと思うということ。

時間が経ち、あなた自身が変化し、成長したら、

同じものも心から楽しく思えたり、ワクワクしたりするかもしれません。

大事なことは、

「今の自分の感性を大事にすること」

そこから、あなたが本当にワクワク楽しいと思えるものを探求すること。

もっと言えば、あなた自身のあるべき成長が始まります!

 

天下一遊びビト

というわけで、遊び隊のイベント。

当然ですが、無理に楽しんでもらうことなんて必要ありません。

何故なら、

「心の底から楽しいワクワク感が湧いて出てくる」

イベントのみを提供しようと、日々ワクワクしているからです!

参加してくれたら、自然と心から楽しめること間違いなしです!!

今後の活動も、お楽しみに☆

 

————————————

☆「遊び」の企画とスケジュールは、↓から☆

http://HP: http://wakuwa.com/category/event

http://Facebook: https://www.facebook.com/otonanoasobitai/?fref=ts