【大寒波の中の”Hot Station”】芋煮会を開催しました!

12632819_988654954548733_1198341472_o
12632819_988654954548733_1198341472_o

去る1月23日(土)、新木場公園にて「芋煮会」を開催しました!

奇しくもこの日は、日本中が大寒波に襲われた日。

東京地方でも、数日前から雪の予報が出され、開催自体も危ぶまれましたが・・・。

天候は見事(?)曇り!

参加者みなさんの祈りと日頃の行いの良さが天に通じ、雪雲を東京湾周辺までは寄せ付けなかったようです。

なんて素晴らしいことでしょう!

そんなわけで、寒空の元、みんなで体を寄せ合いながら、芋煮を堪能しました。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、芋煮会は東北地方の風物詩。

当日は、山形風、庄内風、仙台風、会津風と4種類ご用意しました。

個別にお声かけした参加者が多かったのですが、中には、

「一度、芋煮会に行ってみたかった」

と、イベントページをご覧になって来てくださった方もいらっしゃいました。

ありがたいことです。

それと同時に、芋煮会への世間の関心度の高さを改めて実感!

12620525_988655004548728_744316301_o

春の花見でも、夏のバーベキューでも、目の当たりにするたびに思います。

やっぱりみんな

「大勢で楽しく集まる場」

を求めているのだと。

 

「飲みニケーション」という言葉が既に死語となりつつある、昨今。

職場での人間関係が、以前よりも希薄になりつつあるのかな?という印象も否めません。

それでも、潜在的に他人とのつながりを求め続けるのが、人間の本能。

職場や趣味の世界だけでなく、様々なコミュニティー参加による「新しい出会いの場」が、

これから先の時代、もっともっと重要視されていくのではないでしょうか。

春の桜も、夏の太陽も、秋や冬の里芋も、例え「口実」であっても構わないのです。

それが、集まり、またいろんな人たちのご縁が繋がる

「きっかけ」

となるのであれば。

 

1月23日の場をきっかけに、参加者同士の新たな人間関係が広がり、

(友人関係でも、ビジネスでも、はたまた恋愛でも)何かの発展が生まれれば、

こんなに嬉しいことはありませんね!

 

記録的な大寒波。

雪の予報を吹き飛ばし。

初めての芋煮体験。

そして、「新しい出会い」

 

きっと、「記憶に残る」芋煮会となったことでしょう!

 

 

※ ちなみに、芋煮会とは?

主に東北地方で行われる季節行事で、秋に河川敷などの野外にグループで集まり、里芋を使った鍋料理などを作って食べる行事です。親睦を深める行事として、家族・友人・地域・学校・職場などのグループで行われており、一般的には秋の風物詩です。近年では、関東地方でも地域イベントを中心に芋煮会が行われています。「春の花見・秋の芋煮会」と、両者は野外の宴会として、双璧をなすものと言えるでしょう。

なお、起源は諸説ありますが、「里芋を使った汁物」という意味では江戸時代まで遡ると言われています。

 

————————————

☆「遊び」の企画とスケジュールは、↓から☆

HP: http://wakuwa.com/category/event

Facebook:  https://www.facebook.com/otonanoasobitai/?fref=ts

 

文責:広報担当 桜井洸希(さくらい こうき)

【プロフィール】エッセイスト。サラリーマンのためのお悩み解決アドバイザー。普段は某巨大組織に所属する一方、サラリーマンなら誰もが抱える悩みについて、本業で得た知見を元にした解決方法を提案し、発信している。

【メディア】

Facebook: https://www.facebook.com/sakuraikokistation

(友達申請、大歓迎です!お気軽にメッセージください)

Twitter: https://twitter.com/sakuraikoki

HPアドレス: http://www.sakurastation.jp

個人BLOGアドレス: http://www.sakurastation.jp/blog/

メルマガアドレス: http://www.sakurastation.jp/mail