【超リッチ!】3度「一流を味わい 夢を嗜む ~大人の贅沢Lounge~」

12733613_961401163943462_2332806473899746552_n
12733613_961401163943462_2332806473899746552_n

2月は、13日、19日、26日の3回にわたり、

「一流を味わい 夢を嗜む ~大人の贅沢Lounge~」

を開催しました!

 

コンセプトは、

「一流ホテルのLoungeにて

一流を味わい 夢を嗜む」

 

一流の空間を味わいながら、まるで「成功者」になったかのような感覚で、

それぞれの夢を思う存分語り会う。

聞くときのルールを2つだけ設定。

「人の夢に“それいいね!”と共感する!」

「“あなたならできる!”と応援してあげる!」

 

西新宿のパークハイアットホテル41階にある「peakbar」で、3度にわたり、普段話せないような夢を語り合いました!

参加者の方から、

「41階からの夜景が素敵!」

「興味津々で夢を聞いてもらえて、とても楽しかった」

「本当に叶うような気がしてきた」

そんな嬉しい感想もいただいております!

12717755_842658555861929_1390299075738044020_n

 

さて、みなさんは普段、友人や知人に向けて、

「あなたの夢は、何ですか?」

と質問することはありますか?

 

おそらく、「No」という方が大半ではないでしょうか。

 

これ、実は心理学的にも理由があります。

「自分自身に、語れるだけの夢を持っている自信がない」

こんな想いが心の底に隠れていることが、原因です。

 

他人に夢は何?と聞いたら、ほぼ間違いなく

「それじゃ、あなたの夢は何なの?」

と聞き返されます。

カウンターパンチのごとく。

そのときに答えられず、みじめな思いをしたくない。

だから、夢を尋ねるなんて大それたことはしないで、

当たり障りのない会話に終始してしまうのが、現代的な人間関係なのでしょう。

medium_4441155157

 

ただ、それじゃ寂しいですよね。

一度だけの人生、夢を持って、楽しくいきたいじゃないですか!

だから、普段から仲間同士で、夢を語り会う習慣を身に付けましょう。

その時に大事なことは、このイベントでのルールと同じ。

人の夢を、みんなで共感し、応援すること。

夢は、どんな些細なものでも、また逆に叶いそうもないくらい大きなものでも構わないのです。

とにかく、勇気をもって胸の内を他人にさらけ出し、人に認めてもらうこと。

そして、自分自身で夢を認められるようになることが大事なのです。

 

自分で自分の夢に自信を持つこと。

夢への道のりは、そこから始まります。

 

もしあなたが、何のためらいなく

「あなたの夢は、何ですか?」

と質問できるようになったら、それはあなた自身が夢に向かっている証拠なのでしょう。

 

————————————

☆「遊び」の企画とスケジュールは、↓から☆

HP: http://wakuwa.com/category/event

Facebook: https://www.facebook.com/otonanoasobitai/?fref=ts

 

文責:広報担当 桜井洸希(さくらい こうき)

【プロフィール】エッセイスト。サラリーマンのためのお悩み解決アドバイザー。普段は某巨大組織に所属する一方、サラリーマンなら誰もが抱える悩みについて、本業で得た知見を元にした解決方法を提案し、発信している。

【メディア】

Facebook: https://www.facebook.com/sakuraikokistation (友達申請、大歓迎です!お気軽にメッセージください)

Twitter: https://twitter.com/sakuraikoki

HPアドレス: http://www.sakurastation.jp

個人BLOGアドレス: http://www.sakurastation.jp/blog/

メルマガアドレス:http://www.sakurastation.jp/mail