お願い事は「過去形」で!

IMG_8237ISUMI_TP_V

過日のことになってしまいますが、7月7日は七夕でしたね。

短冊にお願い事は書きましたか?

 

「仕事が大成功しますように」

「両想いになれますように」

「一攫千金が手に入りますように」

などなど、人それぞれ、様々なお願い事があったことでしょう。

 

49785e7b7e3e1b684cdd49d7fb76de5d

ここで、ちょっとある点に着目。

それは、お願い事の語尾。

「~~になれますように」

「~~できますように」

という言い方です。

これらは、あくまで「願望」を表しています。

 

一説によると、脳の深い部分、いわゆる潜在意識は、

現実と願望を区別できないのだそうです。

だから、

「~~になりたい」

とお願い事をすると、潜在意識には、

「~~になりたい」

と、あくまで理想は理想のままであることが現実であると刷り込まれてしまうそうです。

すると、これからも「なりたい」ままの状態、

つまり「なれていない」の現実が継続されてしまう。

潜在意識が、願望を現実化するようにセットされないために、

「なれた」状態を引き寄せるために必要な思考や行動が伴ってこない。

そして、願望が願望のままで終わってしまうのだそうです…。

 

せっかくお願いしたのに、それでは残念ですよね!

 

なので、今度からはぜひ、お願いするときは、

「~~しました!」

「~~になれました!」

と、「過去形」に置き換えてみることをお勧めします。

これで、あなたの潜在意識には、あたかも願望が実現化している状態が現実だと刷り込まれる。

理想が現実であることが当たり前だと思えるわけです。

 

ですので、お願い事をするあらゆる場面で、願望が現実化しているものだと、

決めつけてみてはいかがでしょうか?

 

bsPPO_goukakugankake

例えば、神社にお供えする「絵馬」

(作法は詳しくないのですが)

「~~しますように」

「~~になれますように」

ではなくて、あえて

「~~になれました、ありがとうございます。」

「~~が叶いました。大変感謝しております。」

と、過去形+感謝の表現にしてみる。

これだけで、随分効果は変わってくるかと思います!

 

遊び隊でも、居酒屋やバーで、夢を語り合うイベントを企画しています。

(「WAKUWA騒会」をご参照ください。)

12733613_961401163943462_2332806473899746552_n

そのときも、

「こんな風になれたら良いだけどな~」

という願望ではなく、

「これが叶っちゃったよ!」

とあたかも夢や願望が叶ったかのように話してみてください。

具体的に夢が現実化しているイメージを頭に浮かべ、そのときの嬉しいワクワクした感情を堪能してみる。

そのことで、間違いなく、あなたの夢が現実へグッと近づいてきます!!

 

————————————

☆「遊び」の企画とスケジュールは、↓から☆

HP  → http://wakuwa.com/category/event

Facebook  → https://www.facebook.com/otonanoasobitai/events?key=events