英語の習得こそ、「遊び」から!

1.20eiken3
1.20eiken3

唐突ですが、「英語の習得」と聞くと、みなさんどんなイメージを浮かべますか?

英単語をひたすら暗記すること。

文法や規則を駆使して、正確な文章を書くこと。

小難しい英語の論文を辞書をひきながら読むこと。

リスニング力強化用のCDを繰り返し聞きまくること・・・。

中学、高校、あるいは大学と学校教育の中で行われてきた、いわゆる「お勉強」を思い浮かべる人が数多いかと思います。

確かに、知識を頭に叩き込む作業も大事です。

 

しかし、素直に考えてみてください。

これって、楽しいでしょうか?

よっぽど好きな人は別として、大半の人は、イメージしただけで嫌悪感を抱くかと思います。

面倒。できればやりたくない。

これでは、辛いし、ストレスもたまるし、なかなか長続きしません。

それどころか、残念ながら、一番肝心な「英語でのコミュニケーション能力」が身につきません・・・。

 

視点を変えて。

みなさん、子どもの頃、日本語をどのようにして勉強してきたでしょうか?

もちろん国語という教科はありますが、この場合、

「会話をするためのツール」

という意味で。

きっと、苦しんで勉強をした記憶はほとんどなく、

「物心がつくと、知らぬ間に話せるようになっていた。」

このような方が大半なのではないでしょうか。

 

それはきっと、子どもながら、

「家族とお話ができるようになりたい!」

「友達と一緒に遊びたい!」

と本能的に願い、会話を楽しみながら自然と身につけていったのだと思います。

それって、机でガリガリと嫌々ながらする勉強で身についたものじゃない。

まさに、「楽しいからする」行動を通じて、体に染みついたものです。

-shared-img-thumb-PAK75_englishyamamori20141206204248_TP_V

実際のところ、英語が話せるようになるってプロセスも、同じなのだと感じます。

「楽しいからこそする」行動を通じて、身につくもの。

例えば、

海外の友人とワイワイしながら、簡単な単語の羅列とボディーラングエッジで会話をする!

好きな洋楽を、アーティスト本人になりきってカラオケで歌う!

楽しんで、自然と無理なく体に覚え込ませていく。

 

そうです。まさに

「遊び」

を通じて、英語でのコミュニケーションができるようになる!

勉強を通じて、試験を乗り切るために身につけた短期記憶とは異なり、

その能力は、きっと一生もの。

これが、本当の意味での「語学習得」なのではないかと思います。

 

これを読んでくださった方。思い切って

「語学習得」

の意味付けを180度変えてみませんか?

勉強するものではなく、

「遊びから身につけるもの」

であると。

 

————————————

☆「遊び」の企画とスケジュールは、↓から☆

HP: http://wakuwa.com/category/event

Facebook: https://www.facebook.com/otonanoasobitai/?fref=ts