2016年1月30日(土)「開運ツアー」に行ってきました!

o04000266redsnake
o04000266redsnake

先週の土曜日、1月30日に

「2016年本気で開運していくぜ!!開運ツアー☆」

行ってきました!

 

「あの人って、何故かいつも運がイイんだよね~」

こんな風に思ったこと、あなたにもありますよね。

実はこの「運がイイ」状態、「運」を貯金できているからかもしれません。

あまり知られていないのですが、なんと「運」は貯金ができるのです。

 

経営者、スポーツ選手、芸能人など、世で華々しく成功している人たちにも、

実はこの「運」の貯金をしている人が多いと聞きます。

例えば、ヤンキース時代の松井選手も、

日々「運」を貯金し、大活躍を遂げていたという噂も良く耳にするところです。

 

それでは、運を貯金するには、どうしたら良いのでしょう?

その方法の一つに「開運旅行」というものがあります。

やり方は、とてもシンプル。

一年に数回来る「最高に飛びぬけてラッキーな日」に、

吉とされる方角へ旅行に行くことで、運を貯金することができるのです!

 

2016年1月の吉の方角、「吉方位」に従い、今回の開運ツアーは千葉県にスポットを当てました!

 

さて、説明はこの程度にして、当時の行程はこんな感じでした!

 

9:00に新宿を出発

「活き活き食堂」でランチ

12669136_837918636330018_1156884786_o 12631133_837918646330017_689186464_o  12656410_171613106540817_528511018_o

「高瀧神社」を参拝

12655937_171613346540793_2071393466_o

「養老渓谷」を散策

12669232_837918599663355_41917714_o    12656454_171612656540862_515340680_o

「ごりやくの湯」で、吉方位のパワーを吸収!!

img-yufuin-01  12631167_171612036540924_1405262367_o

※温泉の画像はイメージです。

「ドイツ村」のイルミネーションに感激!

12632813_837918569663358_1567272355_o 12648103_171611473207647_630232422_n   12656437_171610093207785_1283455664_o

帰宅

 

ご当地の海産物に舌鼓を打ち、

ご当地の神様にご挨拶をし、

ご当地のパワースポット(滝)で心身ともに洗練し、

ご当地の温泉から大地のパワーを授かり、

ご当地のイルミネーションに感動する!

 

テンション全開で吉方位旅行を堪能し尽くし、運をたくさん貯金してきました!!

 

思いっきり楽しんでいる人たちには、より運は多く貯金されていくそうです。

確かに、いつも明るく楽しくポップな人は、何かにつけて運がイイ。

鶏と卵の関係ではありませんが、本質的には

「運がイイから楽しくなる」

ではなく、

「楽しくしているから運が良くなる」

のかもしれません。

(参考までに、とある歌の歌詞に

「イイことがあってこその笑顔じゃなくて 笑顔でいればイイことあると思えたら それがイイことの序章です」

ってあります。)

チャンスの神様も、ジメジメと愚痴ばかり言っている人よりも、

明るく楽しそうな人のところに降臨したいでしょうからね!

 

今回、開運ツアーで「運を貯金した」からには、

さらに明るく楽しくポップな遊びの場を提供し、もっともっと運を引き寄せ、

自分たち自身が「吉方位」となれるよう、ますます努力していきます!

 

————————————

☆「遊び」の企画とスケジュールは、↓から☆

HP: http://wakuwa.com/category/event

Facebook:  https://www.facebook.com/otonanoasobitai/?fref=ts

 

文責:広報担当 桜井洸希(さくらい こうき)

【プロフィール】エッセイスト。サラリーマンのためのお悩み解決アドバイザー。普段は某巨大組織に所属する一方、サラリーマンなら誰もが抱える悩みについて、本業で得た知見を元にした解決方法を提案し、発信している。

【メディア】

Facebook: https://www.facebook.com/sakuraikokistation

(友達申請、大歓迎です!お気軽にメッセージください)

Twitter: https://twitter.com/sakuraikoki

HPアドレス: http://www.sakurastation.jp

個人BLOGアドレス: http://www.sakurastation.jp/blog/

メルマガアドレス: http://www.sakurastation.jp/mail